-

子供達と野球をすることがたまにあります。クリアネイルショット 価格

大抵は、兄弟2人でやっているか、夫とキャッチボールをしているか、なのですが、時々私にも出番が回ってきてしまいます。妊娠検査薬

特に次男。

お兄ちゃんがいない時に、相手をしてくれる人がいないので、私の所のボールを持ってきます。

室内でやっているので、柔らかいスポンジのボールです。

それを、サランラップの芯で打つのです。

「ここに投げてー」と生意気にもいう5才。

でも相手がどんなら小さくても、難しいものは難しいのです。

うまく打てない子供だからこそ、難しい。

本人は、パカンと上手に打ちたいと思っているのですから、打てないと機嫌悪くなっていきます。

なので、なるべく打ちやすい場所に投げてあげたいのですが、カルタで手を抜くのとは訳が違います。

どんなにがんばっても、思う場所にボールが投げられません。

そんなことできるなら、私、プロ野球選手になっているわよ!と心の中で思いつつ。

「あ、ごめんね〜」と、私野球をすると、ほとんどボール拾いになってしまうのです。

まあ、それはそれで、運動になるから、良いとしましょうか。

Category

リンク