-

日常の生活に少し配慮する事によって睡眠の質に良い影響を与える事へと繋がります。 まず、日常に軽く運動を取り入れる事です。 基本的に身体は肉体に疲労が生じた際には眠くなる仕組みになっています。 運動を行っている時には上がっている体温が睡眠の時には下がる事を脳が感知する事によって睡眠が促されます。 軽く運動する事によって体温の変化へと導く事で熟睡する事へと繋がります。 運動不足を実感している場合には特に意識して運動を取り入れる事が大切です。 一つは昼寝です。 従来、人間は体内リズムによって自然と昼前後には眠くなる様になっています。 昼前後に取る昼寝は脳の休息へと繋がる為に午後の活動における能率アップを期待する事が出来ます。 昼寝は十分程度が有効的です。 又、職場にいる為に昼寝が容易ではない場合には外出する事も検討します。 いずれにしても身体に本来備わっている体内リズムを整える事を心がける事によって、身体や脳の休息へと繋げる事が出来ます。

Category

リンク